規約・組織

「日本哲学プラクティス学会」規約

第一条 本会は「日本哲学プラクティス学会」(Japanese Society for Philosophical Practice(JSPP))と称する。
第二条 本会は、哲学プラクティスに関わる学術研究の発展を目指す。
第三条 本会はこの目的を達成するために次の事業を行なう。
一、 二年に一回の大会と総会の開催
二、 国内・国外の会員ならびに関連組織との連絡
三、 会誌の編集作成
四、 その他必要な事業
第四条 本会は本会の趣旨に賛同する会員をもって構成する。会員となるための条件については別途定める。
第五条 本会は次の役員を置く。

実行委員:事務局、大会開催委員、編集委員

事務局は、会員及び関連組織との連絡、名簿管理などを行う。

大会開催委員は、大会及び総会の開催と運営を行う。

編集委員は、会誌の編集作成を行う。

 実行委員全体で一五〜二〇名程度とし、それぞれ代表(長)を置く。
会計(二名)
第六条 本会は二年に一回総会を開き、本会の重要事項について審議する。委員は総会において選出する。
第七条 役員の任期は二年とし、重任をさまたげない。
第八条 実行委員は実行委員会を構成し、総会の決定にしたがって会の運営にあたる。
第九条 本会はその運営のため、大会参加費(一大会につき、常勤職の会員四千円、非常勤職・学生の会員二千円)を会員から集める。
第十条 本会はその運営のため、大会不参加の会員から、自主的な運営協力費(二年分。常勤職の会員四千円、非常勤職・学生の会員二千円)を集めることができる。
第十一条 本規約は実行委員会の発議により変更することができる。ただし、総会の承認を要する。

(二〇一八年四月  日制定)

日本哲学プラクティス学会事務局の所在地

〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1−1

明治大学文学部心理社会学科哲学専攻

日本哲学プラクティス学会 事務局代表 池田喬

 

組織

会員と大会

・本学会では、哲学プラクティス国際学会(International Conference for Philosophical Practice: ICPP)に準じて年会費の徴収は行わず、それに代えて、年次大会当日に「参加費」を徴収し、本学会運営の費用(大会運営費、会誌発行費、ウェブ運営費、通信郵送費など)に充当する。大会は原則的に公開の形をとり、参加費を支払えば自由に聴講できる。

・会員は「賛同人」と呼称し、賛同人として登録されている知人一人の推薦があれば、この賛同人に連なることができる。推薦基準としては、大学院修士課程修了以上の研究歴、ないし教職者などそれに相当する教育研究歴をもつ者、とする。

・賛同人の名簿は、プライバシーを重視し、実行委員会で責任を持って管理する。連絡は、おもに電子メール及び、インターネットのウェブ上で行う。

・退会手続き:退会は、本人の申し出を原則とする。退会規定はとくにもうけない。

実行委員会

本学会の目的を実現するための執行機関を「実行委員会」と称する。以下の各委員で代表(長)を一人置く。

事務局:会員及び関連組織との連絡、名簿管理など。

大会開催委員会:大会及び総会の開催と運営。

編集委員会:会誌の編集作成、発行。